今すぐ10万円お金を借りたい!急ぎで必要なときのおすすめは?

余裕がある生活をしていても、急な出費がかさむと生活にも影響があります。冠婚葬祭では事前に招待される結婚式の場合には、前もってお金を貯めておくことができますが、予測できないお葬式の場合にはどうしようもありません。

もしも、お葬式の会場が遠方ですと、宿泊費や交通費も必要になりますし、家族がいると人数分の費用が必要です。手持ちのお金で賄えたとしても、次の給料日までの生活費が不足してしまうこともあるでしょう。

そんな時に頭に浮かぶのが10万円程度の少額借り入れです。少額の借り入れをカードローンで行うとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

10万円をカードローンで借りるメリット

少額の借り入れなのでリスクが少ない

30万円や50万円のような借入額になると、一括で返済するには難しく、分割で返済するにしても毎月の返済額が大きくなります。

しかし、10万円程度の少額の借入ですと、一括で返済することも可能な金額であり、分割で返済するにしても最低返済額は数千円で設定されているところがほとんどです。毎月数千円程度の返済なら、よほどのことが無い限り支払いに困ることは無いでしょう。

もしも、返済が遅れてしまうと遅延損害金を支払わなければいけませんから、期日には必ず返済をするということを頭に入れておきましょう。

利息負担が少ないので金利が気にならない

金融機関からお金を借り入れると、利息が発生するのですが、借入金額が少額の場合には負担が少なくなります。金利は金融機関によって異なりますが、消費者金融では年利18%となっていることが多いです。

例えば年利18%で10万円を借り入れて、1ヵ月後に一括で返済したとすると、約1500円の利息を支払うということになります。

借入額が多くなるほど、支払う利息も多くなってしまい、返済に困ってしまう原因になるのですが、少額の借入ではそのような心配はありません。

希望額が低いので審査に落ちにくい

銀行や消費者金融からお金を借り入れする際には、必ず申し込み時に所定の審査を受けなければいけません。借入希望金額が多いほど、審査は慎重になりますから、場合によっては審査で断られてしまうことがあります。10万円程度の希望金額なら、貸す側も貸し倒れになるリスクが低いと判断しますから、比較的簡単に借りやすいでしょう。

しかし、過去にクレジットカードやカードローンの返済が長期間遅れたり、債務整理をしたという記録が信用情報機関にある場合には、少額でも断られてしまう可能性があるので注意が必要です。

10万円をカードローンで借りるデメリット

少額の借入れは最高金利になる可能性が高い

お金を借り入れた時の金利は、利息制限法という法律によって上限金利が決められており、100万円以下の借入では18%が上限となっています。

10万円程度の少額を借り入る場合には、その上限の18%となることがほとんどです。借り入れ額が少ないので利息負担が少ないということはありますが上限一杯の利息が適用されるのは借り入れる側としてはリスクと言えます。

上限一杯になる理由としては、お金を貸す側からすると少額を貸しても利息で得られる利益は少ないですから、目一杯金利を上げて利益を出す必要があります。

追加で必要以上に借り入れしてしまうことも

カードローンは繰り返し借り入れることが出来ますから、計画的に利用しなければいけません。繰り返し借りるクセが身に付いてしまうと、銀行の口座からお金を引き出すような感覚になってしまい、気が付いたら多額の借金になってしまいます。便利な反面、このような一面があるので利用する際には注意しましょう。

返済が長引くと金利負担が増える

最低返済額だけ支払えば、返済したことにはありますが、それでは完済まで時間がかかってしまい、トータルすると多額の利息を負担することになります。

出来ることなら、一括で返済するのが望ましいのですが、無理な場合には最低返済額以上を支払うようにしましょう。千円でも二千円でも多く返済することで完済までの期間を短縮することが可能になります。

10万円借りた時の利息はどれくらい?

銀行と消費者金融の金利にはわずかながら差があり、これが毎月の返済計画にも大きな影響を与えます。銀行と消費者金融では、適用される法律がそれぞれ異なっており、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律に従い運営しなければいけません。

設定される金利は審査によって決められるのですが、銀行では14.6%、消費者金融では18.0%となることがほとんどです。利息を算出する計算式に数字を当てはめてみて、10万円を1ヵ月借りた場合の利息を比較してみましょう。計算式は以下のようになります。

借入金額×金利÷365日×借り入れた日数=利息

この式のそれぞれの数値を当てはめてみましょう。

銀行(14.6%)の場合…10万円×0.146÷365日×30日=1200円

消費者金融(18.0%)の場合…10万円×0.18÷365日×30日=1479円

これで比較すると、消費者金融の方が多く利息を支払う必要があり、返済期間が長くなると、より多くの利息を支払うということになります。余計な支出を減らすには、1日でも早く完済する必要があるのです。

10万円借りるなら銀行より消費者金融がおすすめ

利息の面では、銀行カードローンの方に分があるように思いがちなのですが、1ヵ月で完済するとなると話が違ってくるのです。

大手の消費者金融では、借り入れた最初の30日間無利息となっており、もしも30日以内に返済すると、借り入れた金額だけ支払えば良いということになります。銀行カードローンは申し込んでからカードが届くまで少し時間がかかり、土日祝日は受付をしていません。

しかし、消費者金融は基本的に土日祝日もカードを発行してくれますから、即日融資も可能です。

10万円借りるならカードローンを利用しない選択肢も

カードローンに抵抗があるという方も多くいますから、10万円程度の少額なら家族や知り合いを頼るという方法もあります。この方法なら、わざわざカードを申し込む必要もなく、利息を支払う必要もないでしょう。

しかし、借りたらしっかりと返済をしなければ、身内からも友人からも信用されなくなってしまうというリスクがあります。これは金融機関からお金を借りる時も同様であり、信用を失うと今後の借り入れに多大な影響を及ぼすので十分注意しましょう。